「文芸あねもねR」第3弾 『水流と砂金』

語り&さくら役には釘宮理恵ちゃん

画像















東京では桜が咲き始めました

そんな季節に相応しい、宮木あや子先生作『水流と砂金』は、さくらという名の15歳の女の子の物語・・・

次回配信予定のこの作品を、なんと釘宮理恵ちゃんが朗読してくださいました

収録には、宮木先生も立ち会ってくださって記念撮影

超多忙な理恵ちゃん、きっこちゃんが「文芸あねもねR」への参加をお願いすると、自らマネージャーさんにスケジュール調整を依頼してくださったんです

お忙しい中、本当にありがとうございました~




初々しくも切ない少女たちの学院生活を、釘宮理恵ちゃん、佐藤聡美ちゃん、ささきのぞみちゃんが、素晴らしい世界観で語って下さっています

さくらが思いを寄せる家庭教師の同居人・ハル役で、私もちょっぴり参加させていただきました

そして、音響監督には井上喜久子ちゃん

にっこり笑顔で、嬉々としてディレクターズチェアーに座る17歳さんにも萌えた収録タイム

http://t.co/12W9ZUNd





砂金でできたもろく美しいお城は、水の流れにあらがうことができないのでしょうか

謎めいたこのストーリーは、宮木あや子先生の『雨の塔』のスピンオフとして生まれ、『太陽の庭』との2冊を読めば、全ての謎が見えるとか・・・

くぎゅの朗読版『水流と砂金』は5月頃の配信を予定していますので、この2冊を読んでから聴くも良し、聴いてから読むのもお勧めです

"「文芸あねもねR」第3弾 『水流と砂金』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント