逆取材!?

画像
『攻殻2.0』パンフレツト用の取材で、松竹㈱さんにお邪魔しました

いろいろな思いはあるけれど、いざブログの記事にしようとすると、思うように筆が(指が?)進まずに、もやもやしていた『攻殻2.0』・・・

とりとめのない話でも、ライターさんを前に言葉にしてみると、何だかすっきりしたような気持ちになるのは、きっと私に文才がないからなのでしようね

このパンフレットは13年前のもの

もちろん私も持っています

『攻殻2.0』のパンフレットには、この13年前のパンフレットも付くそうで、片側からは『攻殻機動隊2.0』、反対側からは『攻殻機動隊』という、素敵なものになるとか・・・



「13年前に、やり残したことがある・・・」

荒巻役の大木民夫さんは、『攻殻2.0』の台本を受け取ったとき、こうおっしゃられたそうです。

『攻殻』が世に送り出されてから13年・・・

アメリカで脚光を浴びて、日本に逆輸入のような形で凱旋し、ヒットしてからも、私には触れられるのが怖いような気持ちすらありました。

大作の主演というプレッシャーや、いっぱいいっぱいだった当時のアフレコ・・・

あのとき出来うる最大の力を出し切ったはずの草薙素子だからこそ、後から見れば青臭く、そのくせ愛おしく、やるせなく、胸が締め付けられました。

もう一度・・・?

演じたいようで、それも少し怖いような、微妙な気持ち。

録り直すからには、前と同じか、それ以上ものを出さなきゃっていう、新たなプレッシャーや緊張が、一瞬身体を貫いたこと・・・

あの時には、あの時しかできなかった素子がいて、今は今しかできない素子がいる・・・

先日のアフレコで前半の収録が終わった後、押井監督から「すごくよくなったね! 長くシリーズやるって、いいんだね~」って褒めていただいた時には、本当にものすごく嬉しかったし、肩の荷が下りたように感じられて、後半の人形使いのシーンに向けての気持ちが、一気に高まったのを、はっきり覚えています。


画像




















今回、パンフレットの取材に当たってくださった、松竹の編集の方と、バンダイビジュアルの担当の方、そしてライターさんを逆取材~

特にライターの内藤さんには、『S.A.C』の頃から、取材関係ではずっとお世話になっています

パンフレットの内容は、DVD用の冊子にもなるそうですが、まずは劇場用が楽しみですね

素敵なパンフレツトを期待してま~す

"逆取材!?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント